TOP >  会社情報 >  仙台空港鉄道の特徴

仙台空港鉄道の特徴

  • 早い・簡単/仙台~仙台空港まで最短17分
  • 安全・快適/ご利用しやすいユニバーサルデザイン採用
  • 新しいまち/新駅を中心とした新しいまち

早い・簡単~スピーディーで簡単!スマートなアクセスを実現~

JR仙台駅と仙台空港を結ぶ仙台空港アクセス鉄道「仙台空港線」。
JR 東北本線に直接乗り入れをすることにより乗り換えがなく、「便利で」「快適に」「速く」到着できます。
仙台駅から仙台空港まで車で約40分⇒アクセス線快速列車ご利用で最短17分です。
飛行機の発着時間に合せて計画的に時間が使えます。


車で40分がアクセス線ご利用で最短17分
時間短縮効果

所要時間は、JR仙台駅から仙台空港駅まで、最速約17分で結びます。路線バスやタクシーを利用する場合、おおよそ40分かかりますので、最大約23分の短縮が図れます。

定時性

自動車の場合は交通渋滞などにより、さらに時間がかかることがありますが、鉄道なら渋滞知らず。飛行機のチェックイン時刻に合せて利用できますので、計画的に時間が使えます。

より利用しやすく

東北新幹線や東北本線をはじめとする在来線との乗り換えがスムーズになるので宮城県内だけでなく、東北各地からも仙台空港が一層身近で利用しやすくなります。

環境に優しい

アクセス鉄道が利用されることにより、自家用車をはじめとする道路交通でのアクセスが抑えられます。長期的にはガソリン消費量の低下、CO2(二酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)等の排出量の低下を促すなど、環境の改善に貢献します。

安全・快適~ユニバーサルデザインでスムーズなアクセス~

東北と全国、世界をつなぐ大切なネットワークだからこそ、駅や車両にはどなたもご利用しやすいように、ユニバーサルデザインを採用しました。安全、安心で快適な鉄道です。

※ユニバーサルデザインとは文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。


仙台空港駅

連絡通路により仙台空港駅2Fと空港ターミナルビル2Fが直結。
ホーム、改札、コンコース、チェックインカウンター、出発ラウンジまで、上下階への動きのないスムーズな移動が可能です(出発時)。

わかりやすい駅内誘導
アナウンス

列車の到着予定や発着は、電光掲示板とともに、音声アナウンスでわかりやすくお知らせします。音声総合案内もご利用になれます。

見やすい誘導サイン

乗車系を「クリアブルー」、出口系を「オレンジ」で誘導表示し、きっぷ売り場やホームなどがわかりやすく、スムーズな移動が可能です。

安全で快適な昇降設備
エスカレーター

ゆとりをもって安全に利用できるよう、ステップ幅の広いエスカレーターを設置しました。(車い対応)手動・電動式の車いすでの利用も可能※です。車いす利用時の減速や通常速度への切換えも滑らかです。
※インターホンにより駅員が対応いたします。

大型エレベーター

車いすでもラクに方向転換ができる、15人乗りのエレベーターを設置しました。(美田園駅は両側にドアのあるスルータイプ)。

どなたにも使いやすい駅施設
段差のないホーム

車両床面と駅のホームは、段差のないフラットな設計で、車いすや高齢者の方にも安心です。

ゆとりの改札口

旅行用のスーツケースや、ベビーカー、車いすの方も、ゆとりをもって通れる広さの改札口です。(JR・Suica対応)

きっぷ券売機

お子様や車いすの方のために、視線が低く、足元空間も確保された、利用しやすい券売機です。

多機能トイレ

オストメイト対応で、ベビーチェア、折りたたみ式の介護ベッドを設置しています。また通報装置により、緊急時にも速やかに連絡できます。

新しいまち~新駅を中心とした「新しいまち」が誕生~

鉄道沿線の「杜せきのした地区」「美田園地区」では、豊かな自然環境と都市機能を兼ね備えた、住環境が充実したまちづくりが進められています。

杜せきのした駅周辺 「大型SC、公共施設に隣接する恵まれた住環境。」

市役所、文化会館、市民体育館など名取市のショッピングセンター地区に隣接した利便性の高いエリアが形成されました。駅前には東日本最大規模のショッピングセンターが立地され、広域からの集客による新たなにぎわいが創出されています。エリア東側の低層戸建住宅地区を中心に商業地区と連携した住宅地が整備されています。

美田園駅周辺 「国際交流等を備えた臨空エリア。」

駅前周辺の商業施設等の生活利便施設を挟んで、西側には閑静な低層戸建住宅地が、東側には周囲の田園風景と調和した緑豊かな住宅地が形成されました。「宮城県総合教育センター」の立地がされており、国際交流、教育、医療福祉関連施設の誘致も計画されています。

ページトップ